Storyboardから始めるiPhoneアプリ開発

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

Xcodeやobjective-c、Storyboardについて得た知識などiPhoneアプリ開発の体験記を配信


草刈りパニック 海軍王アカデミー シンプルゆめ日記 シンプル表計算CelLion 魔球スラッガー 地頭を鍛えるでんしゃ算数 Don't 100
2012/03/25(日)

[Xcode]iPhoneアプリ内の文字と画像を多言語化(ローカライズ)する方法

カテゴリ:Xcode / objective-c
==<<管理者環境>>==
MacOSX ver.10.7.3
Xcode ver.4.2.1
==============

iPhoneアプリを日本以外の地域で販売する場合、その土地に合わせたローカライズが必要不可欠です。
つまり日本語表記の部分を英語などに変えたりする必要があるということです。

Xcodeには簡単にローカライズする仕組みが存在します。

本記事では、文字と画像をローカライズする方法を紹介します。

文字のローカライズ

まず、「文字」のローカライズですが、コチラのサイトで詳しく説明されています。
少し補足だけしておきます。
    <<補足>>
  1. ターミナルの開き方
    アプリケーション >> ユーティリティ >> ターミナル
    スクリーンショット 2012-03-23 15.27.41

  2. ディレクトリ(フォルダ)の移動方法
    「/Users/[ユーザ名]/iPhoneApp/TestProject/」に移動したい場合は以下のコマンドを打つ。
    cd /Users/[ユーザ名]/iPhoneApp/TestProject/

  3. ローカライズのテスト方法
    以下を辿って、日本語 <==> 英語 を切り替える。
    設定アプリ >> 一般 >> 言語環境 >> 言語

画像のローカライズ

続いて画像のローカライズですが、上記サイトにはその情報がないので、本記事で詳解します。
<注意>
仕組みとしては文字のローカライズとなんら変わらないので、上記で紹介したサイトの内容を把握していることを前提として話を進めます。


まず始めに承知頂きたいことがありあす。
それは、画像のローカライズは「日本語画像を英語画像に自動で変換してくれる」わけではないということです。

つまり、「日本語用の画像」「英語用の画像」は自分で用意しなければならないということです。
その上で、ファイル名を元に日本語用の画像を表示するか英語用の画像を表示するのかを自動で判断してくれるっていうだけです。

完成イメージはこんな感じ。
111_20120323165018.png
※使用している画像は以下。
img_jp.png
img_en.png

では、手順です。
手順0(準備)
  1. 日本語用、英語用それぞれの画像を用意し、Xcodeに追加しておく。
    ※画像ファイル名は、[img_jp.png]と[img_en.png]とする。
    スクリーンショット 2012-03-23 15.54.32

  2. StoryboardのViewController上に画像表示用のUIImageViewを配置し、[imv_Title]でOutlet宣言と紐付けをしておく。
    スクリーンショット 2012-03-23 15.58.42

手順1 [Localizable.strings]ファイルを作成して、Xocdeに追加、Localizationに日本語を追加する。

手順2 [Localizable.strings (English)]と[Localizable.strings (Japanese)]ファイルのコードを以下の様に書き換える。

手順3 メソッドファイルに画像をセットするコードを実装する。


以上です。
言語環境設定の変更&プロジェクトの実行でテストしてみて下さい。
完成イメージのようになればOKです。

これで、iPhoneアプリ内をまるごとローカライズ出来ますね。

データベースを使っている場合も、それぞれの言語のテーブルなどを持っておけばローカライズできそうです。もちろんその分容量は増えてしまいますが…
関連記事
  1. 2012/03/25(日)|
  2. Xcode / objective-c
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[AppStore審査]iPhoneアプリ『魔球スラッガー〜2次元野球〜』〜アプリ登録からリリースまでのステータス変動〜 | ホーム | iPhoneアプリ『解除せよ!』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blog.casualappteam.com/tb.php/84-d5aaa545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

アプリ紹介記事

おすすめ書籍

入門者向けおすすめサービス

iPhoneアプリ開発やリリースに必須と思われるサービスです。開発と並行してリリースの環境を整える必要があります。

    シティバンク
    アプリから得られる収入やアプリ製作関連の支出を管理する口座が必要です。アプリから得られる収入は日本円だけではなく米ドル等の外貨の場合がありますので、グローバルで貨幣の両替が簡易な銀行口座を選択します。一旦はここで無難です。

    FC2ブログ
    アプリをリリースする際、サポートサイトが必須です。無料で使い勝手の良いFC2ブログがおすすめです。

    リンクシェア
    アプリの下によくある広告のあれです。ここと提携してアプリ内に広告を設置することで、広告収入を得ることができます。少しでも下心があるなら必須です。

    三井住友VISAカード
    デベロッパー登録やその他経費をクレジット払いにしておけば支払いの履歴も残りますし、一々振り込む手間が省けます。三井住友VISAカードならcitiバンクを支払い口座に指定できますし、なにかと便利です。

中級者向けおすすめサービス

iPhoneアプリをリリースしても、ダウンロードされなければ意味がありません。さらに集客力・発信力を向上させましょう。

    お名前.com
    格安で独自ドメインを取得することができます。自社サイト・個人サイトを作成する際にご利用ください。

    さくらのレンタルサーバ
    レンタルサーバーです。webサイト用もしくはアプリのデーターサーバー用にどうぞ。

    ロリポップ!レンタルサーバー
    レンタルサーバーです。webサイト用もしくはアプリのデーターサーバー用にどうぞ。

その他のおすすめサービス

私のオススメのサービスです。
参考なれば幸いです。


1位   リクナビNEXT

iPhoneアプリエンジニアは求人市場で需要があります。一般企業はアプリを広告として使うケースがありますから。私自身もリクナビNEXTを利用しています。


2位   随時更新していきます。

QRコード

QR

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

プロフィール

CasualAppTeam

Author:CasualAppTeam
初めまして。
iPhoneアプリ開発についてブログを綴っていきます。
xcodeやobjective-c,storyboardなどについて詳しく書いていきます。

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

自分のための外部リンク